鹿児島のパワースポット・照国神社/rx100

照国神社2014年

鹿児島のブログの2014年は、照国神社からスタート。鹿児島の初詣といえば、ここ。鹿児島県民に人気のパワースポットの照国神社。今日の鹿児島のニュースにも出ていましたが、毎年、正月三が日は、鹿児島市内外から、35万人の参拝客が訪れます。

鹿児島を代表する神社・照国神社の祭神は薩摩藩第11代藩主の島津斉彬公。明治維新の立役者の一人で、西郷隆盛などの幕末に活躍する人材を育てた、鹿児島で人気のお殿様です。島津藩主家で、唯一人の徳川家康の血を引く当主でもあって、NHK大河ドラマの篤姫の義父さんでもあります。
鹿児島の地にありながら、かなりハイカラなお殿様で、積極的に西欧文明を導入し、反射炉の設置、蒸気船の建造、洋式紡績工場の開設などの多くの業績を鹿児島に残し、国力増強と殖産興業につとめました。日本の国旗の日の丸の制定者でもあります。このあたりの業績は鹿児島の人気観光スポットの一つの仙巌園(磯庭園)に併設されている尚古集成館で見ることができます。

また、仙巌園は楽天市場にもショップがあって、鹿児島の特産品の薩摩切子や焼酎などの土産物を通販でお取り寄せできます。
鹿児島には、ほかにも霧島神宮や鹿児島神宮などの神社も人気です。その他の鹿児島のパワースポットとあわせて、機会があれば、『鹿児島のブログ』で紹介します。