鹿児島のブログ【鹿児島暮らし】のブックレビュー

戦後、奇跡の復興を遂げたはずの日本や“会社”などの、成功体験から抜け出せない組織が解体された、「夜明け前」ともいえる現在。グローバル資本主義の進展の中で、チームビルディングが特に重要だと説く、瀧本哲史氏の今を生きるための「チームアプローチ」論。
しかし、なんというか、ここ鹿児島は、変われないまま沈んで行きつつあるという感じ。旧態依然の共同体の中で、今までのままで、今ままで以上に頑張る人。それを批判できる特権的な場所にいる人も、自分がハイスペックコモディティでしかないって事実を見ないようにしてるし。ハードランディングで底入れしようにも、ここは、底なし沼。だけど、いつの日か、地に足は付く。それまで、溺れないようにしないとね、みんな。